新作祝い箸

国産・陸奥・干支箸十二柄のご紹介
      
(みちのおくやなぎ)
古く奈良時代より、柳は奈喜(なぎ)()と呼ばれ、宮中では柳筥(やなぎばこ)
箸などの
大切な神具に使われてきました。その今では貴重な陸奥(みちのく)(やなぎ)
使い、
数少ない職人が中太先細の両口丸箸に仕上げました。
両細の祝い箸は、天の部分を神様が使い、片方をご自分が使用することで
神人共食(しんじんきょうしょく)”よりご家族の幸せと健康を祈り、神様よりめぐみを
頂くのです。

春一番に芽吹き、香りが少なく、白肌の縁起が良い陸奥(みちのく)(やなぎ)祝い箸で、

どうぞ皆様で良い新年をお迎えくださいませ


No.280 国産・陸奥(みちのく)(やなぎ) 24cm
 干支箸 一膳 十二柄
上代 250円(税別)

干支柄12